昭和三陸地震

キャプション

河北新報 昭和8年(1933年)3月5日 提供:河北新報社

1933年(昭和8年)2時30分頃に三陸沖を震源とするマグニチュード8.1の地震が発生、仙台市や岩手県宮古市で震度5を観測し、北海道から近畿地方にかけて揺れを感じた。地震発生30~50分後から三陸沿岸に津波が来襲し、岩手県大船渡市で28.7mに達した。

この地震による死者・行方不明者は3,064人に達し、約6,800棟の家屋が流出する被害が発生した。日本海溝の東側で発生したアウターライズ地震の例で、地震の揺れに比して津波の規模が大きかった。

体験談を募集しています

「災害カレンダー」は過去の災害の記録を未来につなげるプロジェクトです。
本プロジェクトでは、災害を経験された方の体験談を募集しています。災害の体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力を本プロジェクトにお貸しください。
ご投稿いただいた体験談は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

33

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: