善光寺地震

キャプション

俗語之種 提供:国立国会図書館蔵

弘化4年3月24日(1847年5月8日)夜10時ごろ発生、マグニチュード7.4の典型的な内陸直下型地震で、善光寺如来の居開帳のため観光客でにぎわう善光寺領を含む長野盆地の西縁部を中心に大きな被害をもたらした地震である。

広範囲にわたり地すべりや山地崩壊が発生し、大量の崩壊土砂による川のせき止め、決壊、洪水の発生という二次災害による被害も大きかった。

「善光寺地震の犠牲者は、(家屋倒壊や土石流に埋められて、火災で焼かれ、洪水で流され)土葬にされて火葬にされて水葬にされて三度弔われた」といわれるほど多種多様な被害が発生し、犠牲者が観光客1,000人以上を含み8,000人を超えたことで有名である。(内閣府「中央防災会議 災害教訓の継承に関する専門調査会 報告書(1847 善光寺地震)」をもとに作成)

この災害の記録写真

体験談を募集しています

「災害カレンダー」は過去の災害の記録を未来につなげるプロジェクトです。
本プロジェクトでは、災害を経験された方の体験談を募集しています。災害の体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力を本プロジェクトにお貸しください。
ご投稿いただいた体験談は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

324

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: