パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 警報・注意報 > 特別警報について

ここから本文です

平成25年8月30日運用開始 特別警報とは

特別警報が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください!

「特別警報」は、これまでの「警報」の発表基準をはるかにこえる、数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に発表されます。周囲の状況や市町村から発表される避難指示・避難勧告などの情報を確認し、命を守るための行動をとってください。

特別警報が発表されたら

気象警報の場合
住居の位置や構造、災害の状況によって「自宅外避難」の必要性は異なります。周囲の状況に応じて冷静な判断を行ってください。
「自宅外避難」が危険と判断した場合、無理に避難せず家の中のより安全な場所にとどまってください。
避難所に避難したほうが安全と判断した場合は、すぐに避難してください。
大津波警報の場合
ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
津波は繰り返し襲ってくるので、警報が解除されるまで安全な場所から離れないでください。
一度避難した場所で安全と思わず、少しでも高い所を目指して避難しましょう。

「特別警報」には災害の種類によって以下の2つのパターンがあります。

(1)大雨・暴風・高潮・波浪・大雪・暴風雪
現行の警報の基準をはるかにこえる危険度の高いものを「○○特別警報」として発表します。「警報」の発表基準よりもはるかに危険度が高い場合に「大雨特別警報」、「暴風特別警報」、「波浪特別警報」などの表現で発表します。
(2)地震(地震動)・津波・火山噴火
現行の警報のうち、危険度が非常に高いものを「特別警報」と位置付けますが、「○○特別警報」という表現ではなく、従来の名称のまま発表します。
  • 地震(地震動):緊急地震速報のうち震度6弱以上の揺れを予想したもの
  • 津波:大津波警報(津波の高さが高いところで3mを超えると予想された場合に発表)
  • 火山噴火:「噴火警報(居住地域)」もしくは噴火警戒レベル4以上

現象の種類 現在想定されている基準
大雨
(地面現象※)
台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想され、もしくは数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予想される場合
※地面現象については、現行の警報と同様、大雨特別警報に含めて「大雨特別警報(土砂災害)」として発表する
暴風 数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により暴風が吹くと予想される場合
高潮 数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により高潮になると予想される場合
波浪 数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により高波になると予想される場合
大雪 数十年に一度の降雪量となる大雪が予想される場合
暴風雪 数十年に一度の強度の台風と同程度の温帯低気圧により雪を伴う暴風が吹くと予想される場合

災害から身を守るために以下のような行動を(大雨の場合のイメージ)

  • 雨が降り出す
    • 気象情報、空の変化に注意
    • 低い場所など、危険な場所を確認
    • 避難場所や避難ルートを確認
  • 注意報
    • 最新の情報を確認
    • 災害に備え早めの準備を
    • 非常持ち出し品の準備

    雨、風の影響を受けやすい地区や避難が困難な方は早めの準備を心がける

  • 警報
    • 自治体が発表する避難に関する情報に注意し、早めに避難

    特別警報が発表されていなくても早め早めの行動を心がける

  • 特別警報

    ただちに命を守る行動を!

    • 外出が危険なときは、建物の中で少しでも安全な場所に移動
    • 冷静な判断を心がけ、周囲の状況に応じた行動をとる