平成16年台風23号

洲本川(桑間橋周辺)の被害状況(洲本市桑間):淡路地域では、24時間雨量が300~350mmを超える地域が島内に広く分布し、特に20日6時~18時の12時間に集中して降った。洲本における24時間雨量は317mm、3時間最大雨量で147mmに達した。 また、但馬地域においては、20日の8時~22時の間に、24時間雨量が200mmを超える雨が集中的に降った。特に、円山川の上流域にあたる出石川や奈佐川流域においては24時間雨量が250mmを超えた。 県内の被害状況は、死者26名(死因:土砂崩れ5名、水死18名、その他3名)、負傷者(重症)43名、負傷者(軽症)92名、家屋全壊783戸、半壊7,142 戸、一部損壊1,506戸、床上浸水1,745戸、床下浸水9,058戸などであった。 提供:兵庫県CGハザードマップ

 2004年(平成16年)10月20日、台風23号が西日本・東日本を縦断し、死者・行方不明者98人、浸水家屋が50,000棟を上回る甚大な被害をもたらし、平成期では最悪の台風災害の1つとなった。

 この年は、上陸した台風が10個と観測史上最多であったが、この台風はその最後となる10個目として12時頃に高知県土佐清水市に上陸、近畿地方、東海地方を通過して茨城県沖に抜けた。

 西日本各地で土砂災害や河川の氾濫による浸水被害が多数発生、京都府舞鶴市では、増水した由良川沿いの道路上で立往生したバスがさらなる増水により水没、バスの屋根に上がった乗客など37人が救助を待ち一夜を明かした。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

1020

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: