平成23年台風15号

志筑川:平成23年9月13日に日本の南海上で発生した台風15号は、20日に種子島の南東海上を北東へ進み、21日には速度を上げながら和歌山県潮岬沖を通過し、同日14時頃に静岡県浜松市付近に上陸した。一方、西日本には前線が停滞しており、前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでいた。この前線や台風を取り巻く雨雲の影響で、兵庫県内でも淡路島を中心に、各地で大雨となった。このため、最大時間雨量は、淡路市(志筑)で77mm、南あわじ市(榎列)で75mm、洲本市(都志)で65mmを記録した。また、最大24時間雨量は、淡路市(志筑)で428mm、洲本市(洲本)で373mm、南あわじ市(榎列)で335mmを記録した。兵庫県内の被害状況は、死者1人、負傷者18人、床上浸水190戸、床下浸水441戸などであった。 提供:兵庫県CGハザードマップ

 2011年(平成23年)9月21日14時頃、台風15号が強い勢力で静岡県浜松市付近に上陸し、夕方から夜遅くにかけて関東・東北地方を進み、太平洋へ抜けた。

 台風が南大東島近海で停滞し、本州への湿った空気の流れ込みが長時間続いたこととと、台風が上陸後も強い勢力を保ったことにより、西日本から北日本のかけての広い範囲で大雨や暴風となった。9月15日から22日までの8日間の降水量は九州・四国の一部で1,000mmを超えたほか、最大瞬間風速は東京都八王子市で43.1m/sに達するなど、関東地方でも所によって40m/sを超える暴風となった。この台風で、全国で死者・行方不明者20人、浸水・損壊家屋13,000棟以上にのぼる被害が発生した。

 また、台風が関東地方を通過するのがちょうど帰宅ラッシュの時間帯と重なり、首都圏の主要路線の多くが運転を見合わせたことから帰宅困難者が多く発生したことも課題となり、後に気象による交通機関への影響が懸念される場合に企業などが帰宅時間の調整を呼びかける契機ともなった。

この災害の記録写真

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

921

9月に起きた災害一覧

  1. 1日
  2. 3日
  3. 4日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 12日
  12. 13日
  13. 14日
  14. 15日
  15. 16日
  16. 17日
  17. 19日
  18. 21日
  19. 22日
  20. 24日
  21. 25日
  22. 26日
  23. 27日
  24. 29日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: