西表島北北東海底火山大噴火

 1924年(大正13年)10月31日、沖縄県の西表島北北東海底火山で大噴火が発生した。噴火地点は西表島の北北東約50km沖で、この日突如として大規模な海底噴火が発生した。噴火の直後から大量の軽石が付近の海面を漂流し、西表島では港が埋まるほどの量となった。軽石は翌年にかけて黒潮などの海流に乗って北海道までの国内各地に到達した。

 この噴火以降、この海域で海面変色などの異常現象はないが、1991年(平成3年)から1992年(平成4年)にかけてと、2000年(平成12年)から2001年(平成13年)にかけて西表島近海で群発地震が発生している。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

1031

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: