アイオン台風

 1948年(昭和23年)9月16日から17日にかけて、アイオン台風が東日本・北日本を通過し、死者・行方不明者838人、浸水・損壊家屋130,000棟を超える甚大な被害が発生した。

 アイオン台風は、9月16日に伊豆半島南部をかすめて伊豆大島を通過し、房総半島に上陸した。その後は太平洋に抜けて三陸沖を北東へ進んだ。

 台風の中心では風が強く、富崎(千葉県館山市)で最大瞬間風速60.1m/sを観測した。また、台風の接近する前から前線の活動が活発となったため、東日本・北日本で大雨となった。特に、東北地方では72時間降水量が仙台で351.1mm、宮古(岩手県)で249.3mmに達し、北上川が岩手県一関市付近で氾濫し、岩手県だけで死者・行方不明者が700人を超える大きな被害となった。

 北上川の一関市付近はアイオン台風の前年のカスリーン台風でも大きな水害が発生しており、これらの水害を契機として広さ約1,300haの一関遊水地が整備された。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

916

9月に起きた災害一覧

  1. 1日
  2. 3日
  3. 4日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 12日
  12. 13日
  13. 14日
  14. 15日
  15. 16日
  16. 17日
  17. 19日
  18. 21日
  19. 22日
  20. 24日
  21. 25日
  22. 26日
  23. 27日
  24. 29日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: