イタリア・ヴェスヴィオ山噴火

 1906年4月7日、イタリア・ナポリ近郊にあるヴェスヴィオ山が噴火し、降灰などにより約300人が死亡する大きな被害となった。この噴火災害がイタリア経済を圧迫したため、1908年のオリンピック開催地がローマからロンドンに変更されている。

 ヴェスヴィオ山は、遺跡として有名なポンペイを埋没させた西暦79年の噴火が有名であるが、この噴火以降もこの1906年を含め、死者をもたらすような噴火が何度も発生している。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

47

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: