有珠山大噴火

 1977年(昭和52年)8月7日9時12分頃、北海道の有珠山で大噴火が発生し、噴煙は高さ12,000mに達した。前日から周辺の洞爺湖温泉などでは有感地震が多発しており、住民は噴火前に避難していたため、この日の噴火に伴う人的被害はなかった。

 これ以降、火口原での地殻変動が1982年(昭和57年)3月まで4年半ほど続き、この間に降雨に伴う泥流が発生し、3人が死亡・行方不明になった。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

87

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: