パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 緊急・被害状況 > 緊急情報詳細

ここから本文です

大雨と雷及び突風に関する全般気象情報【第4号】

情報の確認時間 2022年6月25日 17時00分
25日17:00、大雨と雷及び突風に関する全般気象情報(第4号)が発表されました。(気象庁発表)

九州南部や九州北部地方では、26日明け方にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、西日本から東北地方では、26日にかけて落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。

[気圧配置など]
 日本付近には太平洋高気圧の縁を回る暖かく湿った空気が流れ込んでいます。
 また、上空5500メートル付近には氷点下6度以下の寒気が流れ込み、地上気温が上昇して、西日本から東北地方では、大気の状態が非常に不安定となっています。大気の非常に不安定な状態は26日にかけて続き、27日も続く可能性があります。

[防災事項]
<大雨・雷・突風>
 九州では非常に激しい雨が降っている所があり、土砂災害や洪水の危険度が高くなっている所があります。九州南部や九州北部地方では、26日明け方にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。
 26日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
  九州南部        120ミリ 
  九州北部地方      100ミリ
の見込みです。
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

 西日本から東北地方では、26日にかけて落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。また、降ひょうのおそれもありますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

[補足事項等]
 地元気象台の発表する警報、注意報、早期注意情報、竜巻注意情報、気象情報等に留意してください。次の「大雨と雷及び突風に関する全般気象情報」は26日5時頃に発表する予定です。
(気象・自然/気象情報/全般気象情報)

知っておこう! 災害への備え

災害伝言板(外部サイト)
災害時の電話利用方法
docomo
au
SoftBank
NTT
ワイモバイル
※毎月1日などは体験利用できます。