パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 緊急・被害状況 > 自治体からの緊急情報詳細

強い台風が接近しています。暴風雨に備えて下さい。

 14日18時40分現在、台風10号は、強い勢力を維持しながら、九州四国地方に進んでいます。強風域が広く、ゆっくりした動きであることから、今朝方から県中部にも影響が出ています。今後も台風本体が最接近するまでの間、断続的にやや強い雨が降ります。笹間地区では、既に60ミリを超える雨が降っています。
 明日15日夕方から16日朝方にかけて、雨風のピークになります。時間雨量は50ミリを越える可能性があります。特に、山間部は厳重注意てす。
 風は、今夜から強くなり始め、16日朝方まで15m/s前後の歩きにくい程の風が吹きます。瞬間的には、立っていられない程の風となります。
 降り始めからの総雨量は、山間部で最大300ミリ程度、平地部でも最大200ミリ程度になる可能性があります。特に、山間部の南東斜面は豪雨になりやすいです。笹間地区、身成地区、伊久見地区は特に注意が必要です。
 河川の急な増水、低い土地での浸水、雨と強風による土砂崩れに警戒しましょう。
 本日夕方から明日の朝までは、外での活動は止めて下さい。特に、強風に厳重注意です。
 今のうちに家の周りの片付けや固定を確認しましょう。強風による倒木や停電の他、落雷等も用心が必要です。状況が急変する可能性もあります。今後の気象情報や市からのお知らせに十分注意を払って下さい。また、危機管理課ツイッターでは随時情報配信していますので、活用してください。
 土砂災害警戒区域内の住民の皆さんは、特に注意して下さい。警戒区域外でも林道等、山間部道路の通行の際は、いつもと違うような水の流れや石ころの落下がないか注意して下さい。
 明日の夜は、2階以上の高い所で休むようにしましょう。自宅で危険を感じる場合は、夕方までに地区の集会所等にあらかじめ避難しましょう。
 また、不用意に川に近付かないようにしましょう。万が一の事態に備え防災リュックや懐中電灯の準備をしておきましょう。
 市では、水防体制で情報収集やパトロールを行いつつ警戒継続中です。土のうステーションも市内4箇所に設置していますので活用してください。
 
  • 2019年8月14日 19時06分 配信
  • 情報提供:島田市

知っておこう! 災害への備え

災害伝言板(外部サイト)
災害時の電話利用方法
docomo
au
SoftBank
NTT
ワイモバイル
※毎月1日などは体験利用できます。