パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 火山情報 > 焼岳 > 詳細情報

ここから本文です
火山の状況に関する解説情報 2018年12月3日 16時00分現在
<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 焼岳では、11月22日09時頃から山頂の北西1kmから2km付近を震源とする地震の多い状態は減少しながらも継続しています。
 この地震に関連して、浅部の火山活動の活発化を示す現象は認められていません。
気象庁地震火山部 発表
火山の活動状況など
 焼岳では、11月22日09時頃から山頂の北西1kmから2km付近で海面下約3kmのやや深いところを震源とする地震活動が活発化しました。11月25日以降、地震活動は低下しながらも継続しています。
 やや振幅の大きな地震(南峰南東観測点の上下動で30μm/s以上)の発生回数は、11月24日をピークに減少し、30日は18回、12月1日は13回、2日は17回、本日(3日)は15時までで5回となっています。また、11月23日から12月2日までに高山市奥飛騨温泉郷栃尾で震度1以上を観測した地震は50回(うち震度2が6回)発生し、本日(3日)は15時までに震度1以上を観測した地震は発生していません。
 山頂付近の浅い場所で発生する低周波地震や火山性微動は観測されておらず、また、地殻変動や噴煙の状況にも特段の変化はありません。
 これらのことから、浅部の火山活動の活発化はみられていません。
噴火警戒レベルごとの情報、警戒事項など
<レベル1(活火山であることに留意)> 焼岳
防災上の注意事項など
 山頂付近では噴気や火山ガスの噴出に注意してください。
 登山する際はヘルメットを持参するなどの安全対策をしてください。
次回発表予定日時
 火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

知っておこう! 災害への備え

災害伝言板(外部サイト)
災害時の電話利用方法
docomo
au
SoftBank
NTT
ワイモバイル
※毎月1日などは体験利用できます。