パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 台風情報

ここから本文です

日本広域の進路予想

2017年7月29日 20時00分現在

  • Facebookにシェア
台風画像

30日(日)は、湿った空気の影響で、東日本を中心に雲が広がりやすいでしょう。西日本では日差しもありますが、午後は西日本から東日本の広い範囲でにわか雨があるかもしれません。台風5号は動きが遅いため、小笠原諸島では引き続き警戒が必要です。また、台風から離れた太平洋側の各地も、台風の影響で波が高くなっています。海のレジャーは控えた方が良さそうです。(気象予報士・稲田理人)

台風概況

台風5号
2017年7月29日19時30分発表 台風第5号は、29日18時には父島の南約160kmにあって、南南西へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は980hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。この台風は、30日6時には父島の南約310kmに達する見込みです。30日18時には小笠原近海に達するでしょう。その後、8月1日15時にかけては日本の南海上で動きが遅くなる見込みです。台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要です。次回の台風情報は、29日22時30分の予定です。
台風5号
名称 NORU(ノルー)
大きさ ---
強さ ---
存在地域 父島の南約190km
中心位置 北緯25度25分
東経141度55分
進行方向 南南西
速さ 20km/h
中心気圧 980hPa
最大風速 中心付近で30m/s
最大瞬間風速 45m/s
暴風域
(25m/s以上)
中心から80km
強風域
(15m/s以上)
北側280km
南側220km
台風9号
2017年7月29日19時30分発表 強い台風第09号は、29日18時には与那国島の南西約90kmにあって、北北西へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は960hPa、中心付近の最大風速は40m/sです。この台風は、30日6時には台湾海峡に達する見込みです。30日18時には華南に達するでしょう。その後、熱帯低気圧に変わる見込みです。台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要です。次回の台風情報は、29日22時30分の予定です。
台風9号
名称 NESAT(ネサット)
大きさ ---
強さ 強い
存在地域 与那国島の西約90km
中心位置 北緯24度30分
東経122度05分
進行方向 北北西
速さ 20km/h
中心気圧 960hPa
最大風速 中心付近で40m/s
最大瞬間風速 60m/s
暴風域
(25m/s以上)
中心から110km
強風域
(15m/s以上)
南側390km
北側280km
台風10号
2017年7月29日16時30分発表 台風第10号が29日15時に発生しました。台風第10号は、29日15時には南シナ海にあって、東北東へゆっくり進んでいます。中心気圧は992hPa、中心付近の最大風速は20m/sです。この台風は、30日15時にはバシー海峡に達する見込みです。その後、熱帯低気圧に変わり、31日15時には先島諸島近海に達するでしょう。この方面の船舶は、十分な警戒が必要です。次回の台風情報は、30日10時30分の予定です。
台風10号
名称 HAITANG(ハイタン)
大きさ ---
強さ ---
存在地域 南シナ海
中心位置 北緯18度30分
東経117度00分
進行方向 北東
速さ ゆっくり
中心気圧 992hPa
最大風速 中心付近で20m/s
最大瞬間風速 30m/s
暴風域
(25m/s以上)
---
強風域
(15m/s以上)
南側440km
北側220km

土砂災害警戒情報

■土砂災害警戒情報とは
大雨警報が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報で、都道府県と気象庁が共同で発表しています。

都道府県 発表中の市区町村
熊本
大分

フライト情報