パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 火山情報 > 阿蘇山

ここから本文です
阿蘇山あそさん
  • 熊本県
  • 標高:1592m
噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)

火山は静穏ですが、活火山であることに注意してください。

最新の火山情報2017年2月7日 14時00分現在
<阿蘇山に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意):警報
解除を発表>
 火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められなくなりました。
<噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)
に引下げ>
福岡管区気象台 発表
火山の活動状況など
 阿蘇山の中岳第一火口では、2016年10月8日に噴火が発生して以降、噴火は発生していません。
 火山性微動の振幅は、概ね小さな状態で経過しています。
 傾斜計では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。また、GNSS連続観測では、2016年7月頃から認められていた、草千里深部にあると考えられているマグマだまりの膨張を示す基線の伸びは、11月中旬以降は停滞しています。
 火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は、12月は一日あたり1000から1700トンでしたが、1月に入り減少し、一日あたり1000トン以下となっています。
 1月18日と2月3日に実施した現地調査では、火口内の湯だまりは緑色で、湯だまりの量は約8割となっており、2016年10月12日の観測と比べると量は増加していました。

 以上のように、阿蘇山の火山活動は低下しており、火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められなくなりました。

 また、定期的に発表していた火山の状況に関する解説情報は終了します。
噴火警戒レベルごとの情報、警戒事項など
<レベル1(活火山であることに留意)>阿蘇山
対象市区町村など
熊本県阿蘇市、熊本県南阿蘇村
防災上の注意事項など
 活火山であることから、火口内では土砂や火山灰が噴出する可能性があります。また、火口付近では火山ガスに注意してください。なお、地元自治体等が実施している立入規制等に留意してください。
補足情報
**(参考:噴火警戒レベルの説明)**
【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。
【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、要配慮
者の避難等が必要。      
【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制
等。状況に応じて要配慮者の避難準備等。
【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。
【レベル1(活火山であることに留意)】:状況に応じて火口内への立入規
制等。
(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)
これまでの火山情報一覧