パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 火山情報 > 北海道駒ヶ岳 > 詳細情報

ここから本文です
火山の状況に関する解説情報 2024年1月12日 14時00分現在
<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
北海道駒ヶ岳では山頂火口原浅部の活動がやや活発化していますので、今後の火山活動の推移には注意が必要です。
札幌管区気象台 発表
火山の活動状況など
 北海道駒ヶ岳では昨年12月以降、山頂火口原浅部を震源とする低周波地震を主とした地震活動が続いています。山麓の観測点による12月の地震回数の合計は31回となりました。山麓の観測点による1か月間の地震回数の合計が30回以上となったのは1990年4月の61回以来です。また、今年1月の地震回数は11日までに15回(速報値)となっています。
 なお、火山性微動は観測されていません。

 各火口の噴気活動は低調な状態ですが、山頂に設置した監視カメラでは、昭和4年火口のごく弱い噴気を観測する日数が2021年秋以降増加する傾向が認められています。

 GNSS連続観測では、2022年頃から山頂火口原浅部の膨張を示すと考えられるわずかな変化が一部の基線で認められています。

 以上のことから、北海道駒ヶ岳では山頂火口原浅部の活動がやや活発化していると考えられますので、今後の火山活動の推移には注意が必要です。
噴火警戒レベルごとの情報、警戒事項など
<レベル1(活火山であることに留意)> 北海道駒ヶ岳
防災上の注意事項など
 活火山であることから、火口内に影響する程度の噴出現象が突発的に発生する可能性がありますので、地元自治体などの指示に従って火口付近などの危険な地域には立ち入らないでください。

発令中の避難情報

避難指示 鹿児島県沖縄県

発表中の防災情報

土砂災害情報
警戒 鹿児島県沖縄県
災害マップ