パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 火山情報 > 鶴見岳・伽藍岳 > 詳細情報

ここから本文です
火山の状況に関する解説情報 2020年6月29日 14時30分現在
<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 鶴見岳では、昨日(28日)から鶴見岳山頂の東1km付近で体に感じない程度の地震が増加しています。
福岡管区気象台 発表
火山の活動状況など
 鶴見岳では、昨日(28日)から山頂の東1km付近の深さ約4kmを震源とする体に感じない程度の地震が増加しています。
 
 鶴見岳付近の浅い場所で発生する地震や火山性微動は観測されておらず、また、地殻変動にも変化はみられていません。鶴見岳の火山活動に活発化の傾向は認められません。
 
 鶴見岳周辺は構造性の地震が多く発生する領域であり、今回の地震も同様の地震活動の一部と考えられます。しかし、震源が鶴見岳に近いことから、火山活動が変化する可能性も考えられます。
 今後、気象台が発表する火山情報に留意してください。
噴火警戒レベルごとの情報、警戒事項など
<レベル1(活火山であることに留意)> 鶴見岳・伽藍岳
防災上の注意事項など
 鶴見岳・伽藍岳の想定火口域内では、噴気、火山ガス等の噴出が見られますので、注意してください。
次回発表予定日時
 次の火山の状況に関する解説情報は、30日(火)16時頃に発表の予定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

知っておこう! 災害への備え

災害伝言板(外部サイト)
災害時の電話利用方法
docomo
au
SoftBank
NTT
ワイモバイル
※毎月1日などは体験利用できます。