パーソナル天気

現在位置:天気・災害トップ > 火山情報 > 鶴見岳・伽藍岳 > 詳細情報

ここから本文です
火山の状況に関する解説情報 2024年2月14日 16時00分現在
<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 鶴見岳で、山体浅部を震源とする振幅の大きな火山性地震が発生しました。今後、振幅の大きな火山性地震がさらに増加するなど、火山活動が高まった場合は、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げる可能性があります。
福岡管区気象台 発表
火山の活動状況など
 鶴見岳では、昨日(13日)20時52分と21時02分に山体浅部を震源とする振幅の大きな火山性地震が発生しました。その後、振幅の大きな火山性地震は発生しておらず、火山性地震も少ない状態で経過しています。
 
 本日(14日)気象庁機動観測班(JMA-MOT)が実施した現地調査では、鶴見岳地獄谷赤池噴気孔の噴気の状況や地熱域の分布に特段の変化は認められませんでした。また、新たな噴気及び地熱域は確認されませんでした。
 
 噴煙等の表面現象及び地殻変動には、特段の変化は認められていませんが、振幅の大きな火山性地震が発生していますので、今後の火山情報に注意してください。
 
 伽藍岳の火山活動には特段の変化はありません。
噴火警戒レベルごとの情報、警戒事項など
<レベル1(活火山であることに留意)> 鶴見岳・伽藍岳
防災上の注意事項など
 鶴見岳・伽藍岳の想定火口域内では、噴気、火山ガス等の噴出が見られますので、注意してください。
次回発表予定日時
 次の火山の状況に関する解説情報は、15日(木)10時頃に発表の予定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

発令中の避難情報

避難指示 鹿児島県沖縄県

発表中の防災情報

土砂災害情報
警戒 鹿児島県沖縄県
災害マップ