鹿児島県薩摩地方の地震

 1997年(平成9年)5月13日14時38分頃、鹿児島県薩摩地方を震源とするマグニチュード6.4の地震が発生し、薩摩川内市で震度6弱を観測したほか、九州・中国・四国地方で揺れを感じた。

 この地震は、気象庁が1995年(平成7年)の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)を受けて震度階を変更し、震度5と震度6を「強・弱」に分割して以降、震度6弱以上を観測した初めての地震となった。

 この近くでは、3月26日にもマグニチュード6.6、最大震度5強の地震があり、いずれも断層の活動によるものとされている。この一連の地震で、鹿児島県を中心に負傷者43人、家屋損壊約5,000棟の被害となった。

参考資料

  • 気象庁「1997年3月26日と 5月13日の鹿児島県薩摩地方の地震調査報告」

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

513

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: