ペルー・アンカシュ地震

 1970年5月31日15時23分頃(現地時間)、ペルー沖の太平洋を震源とするマグニチュード7.7のアンカシュ地震が発生した。

 震源から約130km離れたペルー最高峰のワスカラン山(6768m)周辺の集落でも地震の揺れによって家屋の全壊率が80%に達する大きな被害となったが、被害を大きくさせたのが地震の揺れに伴うワスカラン山の崩壊で、山頂付近が高さ1,000mにわたり大規模に崩壊し、氷雪を巻き込み時速300kmの岩屑なだれとなって山麓の複数の集落を埋没させ、死者66,000人以上という甚大な被害が生じた。岩屑なだれが高速かつ大量に山麓に流れ下ったため、数トンもある巨岩が1.5kmほど投げ飛ばされたり、標高200m以上ある丘を崩壊した土砂が乗り越えるなどの現象がみられた。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

531

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: