営団地下鉄東西線で竜巻による脱線転覆事故

 1978年(昭和53年)2月28日、関東地方では、寒冷前線の通過で大気の状態が不安定となり、神奈川県川崎市から千葉県鎌ヶ谷市にかけて時速100km以上の猛スピードで竜巻が通過した。

 21時20分頃、営団地下鉄(現・東京メトロ)東西線の地上区間の南砂町~葛西駅間にある荒川橋梁では、走行中の列車がこの竜巻に巻き込まれ、10両編成の後部3両が脱線、うち2両が横転し、21人が負傷するなど、この一連の竜巻で36人が負傷し、家屋損壊は289棟にのぼった。

参考資料

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

228

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: