アメリカ北東部でブリザードによる被害

 1978年(昭和53年)2月6日、アメリカ北東部は発達した低気圧による猛吹雪(ブリザード)に襲われ、大きな被害が発生した。 交通機関は途絶し、高速道路上で立ち往生する車が続出した。車内で避難中に排気口が雪でふさがれたことによる一酸化炭素中毒、また沿岸部では高波に襲われるなどして約100人が死亡し、市民生活にも大きな影響が出た。

 この際に、緊急時のヘリコプターの有用性が改めて認識され、医療機関がヘリポートを設置する動きが進んだ。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

26

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: