フィリピン・マヨン山噴火

 1814年2月1日、フィリピンのルソン島にある標高2,462mのマヨン山が噴火し、溶岩流が山頂から10km離れた山麓のカグサワの街を埋め尽くして約1,200人が死亡した。カグサワにはこの噴火で唯一焼け残った教会の塔が現存している。

 マヨン山はフィリピンで最も活動の活発な火山であり、有史以来約50回の噴火が記録されているが、この噴火が最大の人的被害を生じたものとなっている。その一方で、富士山と同様の円錐型の成層火山であり、世界屈指の優美な山容を誇ることから観光名所ともなっている。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

21

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: