岩手・宮城内陸地震

岩手・宮城内陸地震:(2008年6月15日) 提供:ロイター/アフロ

 2008年(平成20年)6月14日8時43分頃、岩手県内陸南部を震源とするマグニチュード7.2の岩手・宮城内陸地震が発生、岩手県奥州市と宮城県栗原市で震度6強を観測した。

 震源周辺の山間部で地震の揺れによる大規模な土砂災害が発生したことが特徴で、宮城県栗原市の駒の湯温泉では、土石流に襲われ宿泊客などが生き埋めになったほか、山間部の集落の孤立も多かった。岩手・宮城両県を中心に、死者・行方不明者23人、負傷者426人、家屋損壊2,600棟以上の被害となった。

参考資料

  • 総務省消防庁「平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震(第79報)」
  • 首相官邸「平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震について」

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

614

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: