箱根山噴火

箱根山で小規模噴火 警戒レベル3に引き上げ (気象庁提供) 提供:気象庁/ロイター/アフロ

 2015年(平成27年)6月30日、火山活動が活発化し立ち入りが規制されていた神奈川県・箱根山の大涌谷でこの日降灰が確認され、気象庁は、前日の29日から大涌谷の噴気地帯で噴火が発生していたとして噴火警戒レベル3(入山規制)に引上げられた。箱根山での噴火は鎌倉時代の12世紀後半~13世紀頃以来である。

 その後、火山活動の沈静化により、同年12月に噴火警戒レベルは1(活火山であることに留意)に引下げられ、大涌谷園地への観光客の立ち入りも2016年(平成28年)7月、約1年3カ月ぶりに再開された。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

630

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: