霧島山・新燃岳で爆発的噴火

霧島山の新燃岳が噴火:広範囲に降灰被害 提供:アフロ

 2011年(平成23年)1月27日15時41分頃に霧島山・新燃岳で爆発的な噴火が発生した。新燃岳では、1月19日に2年5カ月ぶりとなる小規模な水蒸気噴火が発生した後、26日には噴煙が3,000m上空まで上がり約300年ぶりとなる本格的なマグマ噴火に移行、九州南部の広い範囲で降灰が観測されていた。

 この爆発的噴火では火口から全方向へ火砕流が発生し、翌28日には火口内に溶岩ドームも確認され、火口をほぼ満たすほどに成長した。爆発的噴火に伴う噴石や空振により、周辺での家屋で窓ガラス破損などの被害が発生した。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

127

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: