雲仙岳・眉山大崩壊「島原大変肥後迷惑」

 寛政4年4月1日(1792年5月21日)夜、長崎県島原市の西にそびえる眉山が地震とともに大崩壊した。

 雲仙岳では、これに先立って山頂付近の地獄跡火口からの噴火活動が続いていたが、この地震で山麓にあった眉山が大崩壊し、大量の土砂が有明海に流れ込み、島原半島と対岸の肥後、天草(熊本県)に津波となって押し寄せた。津波の高さは最大で10mとも言われ、死者・行方不明者は約15,000人に達する国内最大の火山災害となった。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

41

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: