明治東京地震

 1894年(明治27年)6月20日、東京湾北部を震源とするマグニチュード7.0の明治東京地震が発生した。この地震では、被害状況等から東京湾沿いの特に下町低地で震度6相当の揺れが観測されたとみられている。

 京浜地区で被害が多く、31人が死亡した。深川区(現在の江東区の一部)の東京紡績会社の工場でタンクが崩壊し死傷者が発生したほか、液状化現象とみられる噴水・噴砂もみられた。

参考資料

  • 国立天文台『理科年表 平成28年』(丸善出版)
  • 国土地理院「明治27年東京地震、安政2年江戸地震、元禄16年関東地震の震度分布」

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

620

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: