嘉永小田原地震

 嘉永6年2月2日(1853年3月11日)、神奈川県西部を震源とする推定マグニチュード6.7の嘉永小田原地震が発生した。被害状況からみると、震源に近い小田原城下(神奈川県小田原市)では震度6程度の揺れがあったとされる。この地震で、小田原城下を中心に、死者24人、倒壊家屋1,000棟以上の被害が発生した。

 神奈川県西部を震源とする地震はこれまでも度々発生しており、小田原城下に大きな被害をもたらしてきた。過去の記録から、こうしたマグニチュード7級の地震が平均70年周期で発生していることが明らかになっており、1923年(大正12年)の関東大震災から90年以上が経過する中、次の地震の発生が懸念されている。

参考資料

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

22

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: