阪神大水害

土石流による巨石・流木の堆積状況(神戸市灘区篠原本町・都賀川):【被害の状況】梅雨前線の降雨により六甲山系の南斜面では多数の土石流が発生しました。【土石流の状況】この災害では、500万立方メートルを上回る土砂が市街地に押し寄せ、河川を氾濫させ、住宅地を埋めました。 提供:兵庫県CGハザードマップ

 1938年(昭和13年)7月3日から5日にかけて、兵庫県西宮市、芦屋市、神戸市にかけての六甲山麓で、「阪神大水害」と呼ばれる土砂災害や河川の氾濫が相次いで発生した。

 本州付近に停滞する梅雨前線の活動が活発になったことで発生したこの大雨は、7月3日から5日までの3日間に集中し、総雨量は神戸市中央区で456mm、住吉(神戸市東灘区)で436mm、西宮市で362mmに達した。特に神戸市では、7月5日の8時から正午までの4時間に166mmもの雨量を観測しており、この集中豪雨をきっかけとして、六甲山地を刻む無数の谷で土石流が発生し、下流の神戸市・芦屋市・西宮市などを襲った。これらの阪神地域は、明治以降住宅地として開発が進み、人口が集中していたこともあって被害も大きく、死者・行方不明者627人、損壊・浸水家屋は210,000棟以上にものぼる甚大な被害をもたらした。

 この災害の背景として、開発による六甲山地の荒廃が挙げられ、この災害を契機に六甲山地の治山工事や河川改修工事が国直轄事業で進められた。

この災害の記録写真

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

75

7月に起きた災害一覧

  1. 1日
  2. 2日
  3. 3日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 12日
  12. 13日
  13. 14日
  14. 15日
  15. 16日
  16. 17日
  17. 18日
  18. 19日
  19. 20日
  20. 21日
  21. 22日
  22. 23日
  23. 24日
  24. 26日
  25. 27日
  26. 28日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: