インドネシア・タンボラ火山大噴火

 1815年4月10日、インドネシア・スンバワ島にあるタンボラ火山で大噴火が発生した。記録の残る中では人類史上最大の噴火と言われており、爆発音は1800km離れた場所でも聞こえ、大量の噴出物で周辺は昼も闇に覆われたとされる。

 噴火で発生した火砕流が25km離れた村を襲い集落ごと消滅するなど噴火による直接の死者が10,000人にのぼったが、噴火によって耕地も壊滅状態となったことから、餓死者や疫病による死者も加わって、全体の死者は100,000人前後に達したと言われている。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

410

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: