濃尾地震

濃尾地震(1891年10月28日) 提供:MeijiShowa.com/アフロ

 1891年(明治24年)10月28日6時38分頃、岐阜県美濃地方を震源とするマグニチュード8.0の濃尾地震が発生した。国内観測史上最大の内陸直下型地震であり、根尾谷断層などが出現した。

 死者は7273人、全壊家屋は140,000棟以上にのぼり、震源周辺では家屋全壊率100%の集落も多数あった。

 震災予防調査会の設置など現在につながる地震観測、救援、調査、減災研究などが組織化される契機となった地震である。

この災害の記録写真

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

1028

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: