令和元年台風21号

2019年(令和元年)10月19日、トラック諸島近海で発生した台風21号は、24日から26日にかけて日本の東を北上した。
台風は太平洋上を進み、直接日本列島に上陸こそしなかったものの、台風から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となり、関東地方と東北地方の太平洋側で大雨となった。特に千葉・福島の両県では総降水量が200mmを超え、わずか半日足らずで、平年の10月1か月分の降水量を上回るような記録的な大雨となった。
千葉・福島の両県では、台風15号・19号による被害の復旧途上で再びの大雨となり、この両県では27の河川で氾濫が発生、各地で土砂崩れや浸水が発生した。また、台風19号で鉄道が寸断される大きな被害が発生した宮城県丸森町でも、25日に100mm以上の雨が降るなど、被災地にさらなる被害をもたらした。
千葉県を中心に死者13人、負傷者8人、浸水・損壊家屋3,199棟の被害が生じた。死者の約半数は、車での避難中に車体の水没や川に流された「車中死」による死亡であり、避難のあり方を改めて捉え直す災害となった。

災害カレンダー

1025

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: