秋田仙北地震(強首地震)

 1914年(大正3年)3月15日4時59分頃、秋田県内陸南部を震源とするマグニチュード7.1の秋田内陸地震(強首地震とも呼ばれる)が発生し、死者94人、負傷者324人、住家全壊640棟の被害が出た。

 内陸直下型地震であり、被害は震央に近い雄物川沿いおよび横手盆地中央部で大きく、山地部では住宅の全壊は少ないものの、斜面崩壊が広範囲で発生し、旧大沢郷村では地震による堰止め湖が形成された。また、国鉄奥羽本線の線路や鉄橋、本荘街道や湯沢街道が被害を受け、交通網の寸断も発生した。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

315

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: