パキスタン北部地震

 2005年10月8日8時50分頃(現地時間)、パキスタン北部のカシミール地方で、マグニチュード7.6の地震が発生した。インド・パキスタン両国あわせて死者84,000人以上、負傷者80,000人以上の被害が出た。 発生時期が断食月にあたり、多くの人が屋内にとどまっていたため、被害が拡大したとされている。震源に近い都市ムザファラバードや、パキスタンの首都イスラマバードなどで被害が大きく、邦人にも被害が出た。この地震により、約4,000,000人が家を失ったとされる。

参考資料

  • 京都大学防災研究所「2005年パキスタン北部地震による地震・土砂災害」(DPRI Newsletter)
  • 日本赤十字社「パキスタン北部地震 被災者救援・復興支援事業の取り組み」(国際活動 活動実績)

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

108

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: