平成30年北海道胆振東部地震

富里地区付近から北方向を撮影(2018年9月6日撮影) 提供:アジア航測(株)・朝日航洋(株)

2018年(平成30年)9月6日3時7分頃、北海道の胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生した。この地震では、北海道では初となる震度7を厚真町で観測したほか、札幌市内でも震度6弱を観測するなど道内の広い範囲で震度4以上の強い揺れを観測した。この地震で43人が死亡、782人が負傷。家屋被害は、厚真町で発生した大規模な土砂崩れや札幌市で発生した液状化現象の影響などで約16,000棟にのぼった。
震度7を観測した厚真町周辺は、崩壊しやすい性質の火山噴出物が厚く積もった地域で、地震の揺れに伴って広範囲にわたって大規模な土砂崩れが発生した。発生が深夜だったことから土砂崩れの被害を受けた住宅では住民のほとんどが巻き込まれ、厚真町だけで死者が36人にのぼった要因となった。
また、厚真町には、北海道最大の火力発電所で、道内の電力需要全体の約半分を担う苫東厚真火力発電所があり、この地震の影響で緊急停止した。これにより電力の需給バランスが崩れたことで他の発電所も連鎖的に停止し、道内のほぼ全域に当たる約295万軒で大規模な停電(ブラックアウト)が発生した。電力会社の管轄区域のほぼ全域が停電するのは初めての事態で、市民生活や経済活動にも大きな影響が生じた。
こうした大きな被害を受けて、気象庁はこの地震を「平成30年北海道胆振東部地震」と命名した。

災害カレンダー

96

9月に起きた災害一覧

  1. 1日
  2. 3日
  3. 4日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 12日
  12. 13日
  13. 14日
  14. 15日
  15. 16日
  16. 17日
  17. 19日
  18. 21日
  19. 22日
  20. 24日
  21. 25日
  22. 26日
  23. 27日
  24. 28日
  25. 29日
  26. 30日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: