令和元年台風15号

2019年(令和元年)9月9日5時前、強い勢力の台風15号が千葉市付近に上陸し、関東地方を北上した。この台風は大きさとしては比較的コンパクトではあったものの、関東地方に接近する直前で勢力を強め、一時は「非常に強い勢力」となった。このため、関東に上陸した台風の中では最強クラスとされ、関東地方南部では記録的な暴風となった。
特に台風の進路の東側にあたる千葉県の被害が大きく、停電は一時900,000軒以上にのぼり、全面復旧に2週間以上かかったほか、停電による断水や通信網の障害も長期に及び、インフラの脆弱性が明るみになった。さらに、暴風による家屋の一部損壊も多数にのぼり、千葉県君津市では送電線の鉄塔が倒壊、市原市ではゴルフ練習場の支柱やネットが住宅に倒れるといった被害も発生した。
また、交通機関にも大きな影響が生じ、JR東日本は台風の影響範囲を考慮して8日の夕方に翌9日の首都圏各線の計画運休を発表したが、広範囲にわたる交通機関の乱れにより、週明けの首都圏では通勤・通学時の混乱が生じ市民生活に大きな影響を与えた。

災害カレンダー

99

9月に起きた災害一覧

  1. 1日
  2. 3日
  3. 4日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 12日
  12. 13日
  13. 14日
  14. 15日
  15. 16日
  16. 17日
  17. 19日
  18. 21日
  19. 22日
  20. 24日
  21. 25日
  22. 26日
  23. 27日
  24. 28日
  25. 29日
  26. 30日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: