平成30年台風21号

台風21号 日本列島を縦断 提供:アフロ

2018年(平成30年)9月4日、台風21号が非常に強い勢力で徳島県南部と兵庫県神戸市に上陸し、四国と近畿地方を北上して日本海へ進んだ。非常に強い勢力での台風の上陸は1993年(平成5年)の台風13号以来25年ぶりのことであり、暴風と高潮により甚大な被害が生じた。
暴風は関西空港で最大瞬間風速58.1m/sを観測するなど、50m/sを超えたところがあり、家屋損壊は90,000軒を超えたほか、大阪府など関西電力管内では延べ220万軒で停電が発生するなどライフラインにも深刻な被害をもたらした。
また、大阪湾ではこれまでの観測記録を上回る顕著な高潮が発生し、埋立地や人工島の浸水のほか関西空港では滑走路が水没した。この関西空港では、本土とを結ぶ連絡橋にタンカーが衝突したため長時間にわたって孤立状態となり、約8,000人の利用客がフェリーで脱出する事態となった。
この台風では、JR西日本などの鉄道会社は台風の最接近前日に計画運休の実施を発表し、以降の台風の接近などでも同様の対応が広く取られるようになった。

この災害の記録写真

災害カレンダー

94

9月に起きた災害一覧

  1. 1日
  2. 3日
  3. 4日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 12日
  12. 13日
  13. 14日
  14. 15日
  15. 16日
  16. 17日
  17. 19日
  18. 21日
  19. 22日
  20. 24日
  21. 25日
  22. 26日
  23. 27日
  24. 28日
  25. 29日
  26. 30日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: