明神礁噴火

 1952年(昭和27年)9月24日、伊豆諸島・青ヶ島の南にあるベヨネース列岩の明神礁で、付近の海底火山噴火により生成した新島の調査に向かった海上保安庁水路部の第5海洋丸が、近傍の海底火山の噴火に巻き込まれ、乗組員31人全員が殉職した。

 明神礁周辺では度々海底噴火が発生し、新島の生成・消滅が繰り返されている。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

924

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: