御嶽山噴火

御嶽山が噴火:登山客らにけが人(防衛省統合幕僚監部提供) 提供:防衛省統合幕僚監部/ロイター/アフロ

 2014年(平成26年)9月27日11時52分頃、長野・岐阜県境の御嶽山で噴火が発生した。土曜日の昼前、かつ紅葉シーズンにも当たったことから山頂付近にいた多くの登山客が噴火に巻き込まれた。飛散した噴石などで63人が死亡・行方不明となり、戦後最悪の火山災害となった。

 これを受けて、気象庁では翌2015年(平成27年)から噴火の事実をいち早く知らせるべく噴火速報の情報提供を開始した。また、噴火警戒レベル1(平常)の下での噴火発生となったことから、この「平常」を「活火山であることに留意」と変更し、突発的な噴出現象に注意を呼びかける表現とした。

 さらに、火山を持つ自治体などで登山届提出義務化などの対策も取られた。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

927

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: