昭和42年7月豪雨

宇治川は暗渠河川のため土砂で閉塞され濁流は路上を流れ出した。写真中央の高架は阪急電鉄三宮駅付近(神戸市中央区元町付近):昭和42年7月豪雨は、九州北部から関東地方にかけての広範囲に大雨を降らせ、全国で死者365名、建物の全半壊2,266棟、浸水家屋約30万棟を超える被害を出した。この豪雨の引き金となった台風第7号くずれの温帯低気圧は、8日に沖縄付近で弱い熱帯低気圧に衰え、更に9日に五島列島付近で温帯低気圧になった。この頃、日本の南岸に停滞していた梅雨前線に、熱帯低気圧が運んできた高温多湿の気流が送り込まれ、また、北側からは寒冷な気流が送り込まれたため、前線が激しく活発化した。更に、台風くずれの低気圧が前線上を猛スピードで山陽、近畿および中部地方と縦断、抜き打ち的に佐世保、伊万里、呉、神戸等に300mm以上の集中豪雨を降らせて、10日未明に関東地方から鹿島灘に抜けた。神戸市では9日8時頃から断続的に雨が強まり、16時から18時までの2時間に127.3mmの強い雨が降り、更に20時から21時までの1時間に59mmの強い雨が降った。このため、夕方頃から夜にかけて六甲山系から市内に鉄砲水が発生し、所によっては50~100cmの濁流が渦を巻いて市街地を襲った。六甲山系の山沿いの宅地造成地では山崩れが相次いで起こり、家屋の流失、倒壊などで生き埋めによる犠牲者は100名にのぼった。 提供:兵庫県CGハザードマップ

 1967年(昭和42年)7月7日から10日にかけて、本州南岸に停滞する梅雨前線と台風7号から変わった温帯低気圧の影響で、西日本を中心に大雨となった。

 特にこの大雨では都市部で大雨となったことが特徴で、1時間降水量は長崎県佐世保市で125mm、長崎県福江市(現在の五島市)で114mmを観測したほか、広島県呉市や兵庫県神戸市でも70mmを超え、2日間降水量は300mmを超えた。これらの都市は、いずれも市街地の背後に山が迫っていることが特徴で、大雨によって土砂崩れや鉄砲水が相次いで発生した。

 この一連の大雨で、死者・行方不明者は369人、損壊・浸水家屋は300,000棟以上に達する大きな被害が生じ、気象庁はこの大雨を「昭和42年7月豪雨」と命名した。

この災害の記録写真

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

78

7月に起きた災害一覧

  1. 1日
  2. 2日
  3. 3日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
    • 昭和42年7月豪雨(1967年)
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 12日
  12. 13日
  13. 14日
  14. 15日
  15. 16日
  16. 17日
  17. 18日
  18. 19日
  19. 20日
  20. 21日
  21. 22日
  22. 23日
  23. 24日
  24. 25日
  25. 26日
  26. 27日
  27. 28日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: