台風3号、鹿児島県大隅半島上陸

 1956年(昭和31年)4月25日7時30分頃、台風3号が鹿児島県大隅半島南部に上陸した。4月16日に日本のはるか南のカロリン諸島で発生した台風3号は、西寄りに進んでフィリピン・ルソン島に上陸後、南シナ海で進路を北寄りに変え、南西諸島沿いに北上し、鹿児島県に上陸している。

 これが台風の統計資料が残る1951年(昭和26年)以降では最も早い台風の上陸記録である。なお、この台風は上陸後間もなく9時に消滅している。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

425

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: