チリ地震津波

故佐藤良輔東大名誉教授収集写真「チリ地震津波八戸市」 P1 提供:防災科学技術研究所(撮影:佐藤良輔)

 1960年(昭和35年)5月24日未明、日本の太平洋沿岸を突然大津波が襲った。これは、日本時間で前日の23日4時過ぎに発生した南米チリ沿岸を震源とするマグニチュード9.5の巨大地震に伴って生じた津波が、地震発生から約22時間をかけて日本の沿岸に到達したものであった。津波の高さは、三陸沿岸で5m超に達し、死者・行方不明者は142人、家屋の全半壊・浸水40,000棟以上という甚大な被害となった。

 当時は広域での地震や津波の情報共有体制はなく、事前の予告のないまま津波の襲来を受けたことで被害が大きくなった。これを契機に、太平洋広域での地震・津波情報の共有組織が国連の下に組織された。現在は気象庁から、海外でマグニチュード7.0を超えるような大きな地震が発生した際などには、地震発生後30分以内に「遠地地震に関する情報」が発表され、この中で、日本への津波の有無についても発表されるようになっている。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

524

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。