平成23年台風12号・紀伊半島豪雨

奈良県野迫川村北俣川右支川:山腹斜面から崩壊した土砂がアジコ谷に流入し、河道を閉塞している。崩壊土砂の一部は集落へ到達し、北俣川本川の河道を閉塞している。(2011年9月7日9時撮影) 提供:アジア航測(株)

 2011年(平成23年)9月3日10時頃、大型の台風12号が高知県東部に上陸し、丸一日かけて四国地方と中国地方を北上して日本海へ抜けた。暴風域はなかったが、強風域が直径1,000km以上と大型の台風であったことと台風の動きが遅かったことから、台風周辺では長時間にわたって大雨となった。

 特に台風に向かって湿った空気が流れ込み続けた紀伊半島では、降り始めからの1週間の総雨量が2,000mm近い記録的な大雨となった。これは、もともと雨の多いこの地域にあっても、年間降水量の半分を超えるような多さであった。和歌山県を中心に全国で死者・行方不明者98人、損壊・浸水家屋26,000棟以上という甚大な被害となった。

 また、和歌山県や奈良県の紀伊半島の山間部では大規模な土砂崩れが多く発生し、堆積した土砂によって川が堰き止められるなどの被害もみられた。

この災害の記録写真

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

93

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: