関東大震災

関東大震災(1923年9月) 提供:MeijiShowa.com/アフロ

 1923年(大正12年)9月1日11時58分頃、神奈川県西部から相模湾にかけてを震源とするマグニチュード7.9の関東大震災が発生した。

 死者・行方不明者100,000人以上、全壊家屋100,000棟以上にのぼり、近代日本において首都圏を襲った最大規模の震災被害である。建物の倒壊に加え、地震発生が昼食時だったことから大規模な火災も発生し被害を拡大させた。

 1960年(昭和35年)にこの9月1日が「防災の日」に制定され、地震に加え、この時期が台風の来襲も多いことから、広く災害についての認識を深め、災害に対処する心構えをすべく各地で防災訓練が行われている。

専門家からのアドバイス

この災害で学ぶべき教訓は何か、専門家が解説します。

大都市が壊滅すれは国が破たんする

 1923年9月1日11時58分に発生したフィリピン海プレートと北アメリカプレートが接する相模トラフでのマグニチュード7.9の関東地震に付けられた災害名称です。震源域は神奈川県西部から房総半島南部に及び、南関東を中心に広域な被害となりました。死者・行方不明者は10万5千人余り、全潰家屋11万棟、焼失家屋21万棟と言われ、経済被害は当時の国家予算の3倍、国内総生産の3割と言われ、震災後、大正デモクラシーと呼ばれた時代が暗い時代へと変貌していきます。

 被害の中心は東京と横浜の市街地であり、政府は、震災直後、緊急勅令でモラトリアムをしました。この地震の後、1925年に北但馬地震、27年に北丹後地震、30年に北伊豆地震、33年に昭和三陸地震と被害地震が続発し、その間に、25年治安維持法の制定、27年金融恐慌、31年満州事変、32年5・15事件が起きます。さらに、33年国際連盟脱退、36年2・26事件、37年日中戦争、41年太平洋戦争へと時代が移り、戦争で310万人の犠牲者を出します。

 この震災での被害の中心は火災でしたが、家屋の損壊数も阪神・淡路大震災を凌ぎ、相模湾を中心とした津波被害や土砂災害も顕著でした。震源から離れた東京の被害は甚大で、沖積低地に住宅を密集させた下町の火災を中心に、7万人もの死者を出しました。危険を避けた土地利用の大切さを印象付ける震災です。なお、震災後、後藤新平により作られた帝都復興構想が東京の礎となります。

 山手と下町で25倍も死亡率が異なります。命を守る最も大切なことは危険を避けることです。軟弱な地盤、低地、木造密集地を避けることが基本です。また、過度な人口集中は社会を破たんさせます。東京一極集中の是正が我が国最大の課題です。

福和 伸夫(名古屋大学減災連携研究センター、センター長・教授)
福和 伸夫
名古屋大学減災連携研究センター、センター長・教授
安全で安心な国・地域を実現するために地震災害軽減の研究を行う。各地の地震被害予測や防災・減災施策作りに協力、減災活動を通して新たな地域社会づくりを目指し、減災連携研究センターと減災館を中心に活動を展開している。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

91

9月に起きた災害一覧

  1. 1日
    • 関東大震災(1923年)
  2. 3日
  3. 4日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 12日
  12. 13日
  13. 14日
  14. 15日
  15. 16日
  16. 17日
  17. 19日
  18. 21日
  19. 22日
  20. 24日
  21. 25日
  22. 26日
  23. 27日
  24. 29日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。