東日本大震災

キャプション

河北新報 平成23年(2011年)3月11日(金)号外 提供:河北新報社

2011年(平成23年)3月11日14時46分頃、三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の海溝型の巨大地震である東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生した。地震の規模としては、明治以降の国内で発生した地震としては観測史上最大規模の地震となった。地震による断層の破壊は岩手県沖から茨城県沖までの約500kmに及んだ。

この地震で、宮城県栗原市で震度7を観測したが、特に津波による被害が大きく、津波の高さは岩手県宮古市で約40mに達するなど東北地方の太平洋沿岸部を中心に軒並み10m以上の高さとなり、壊滅状態となった集落や自治体も多かった。地震・津波による死者・行方不明者は災害関連死を含めると20,000人を超える。

また、津波に襲われた福島県の東京電力福島第一原子力発電所では、非常電源設備を含む全電源を喪失、原子炉の冷却ができず炉心溶融(メルトダウン)した。これによって原子炉格納容器の圧力が上昇し、翌12日に水素爆発が発生、大量の放射性物質が大気中に放出された。発電所周辺の大熊町、双葉町などは現在も町の広い範囲が帰宅困難区域に指定されている。

体験談を募集しています

「災害カレンダー」は過去の災害の記録を未来につなげるプロジェクトです。
本プロジェクトでは、災害を経験された方の体験談を募集しています。災害の体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力を本プロジェクトにお貸しください。
ご投稿いただいた体験談は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

311

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。