琵琶湖・明治29年の大洪水

 1896年(明治29年)9月3日から12日にかけて、記録的な大雨により琵琶湖周辺で「明治29年の大洪水」と呼ばれる大きな洪水が発生した。

 日本列島に停滞する前線と日本の南海上にあった台風の影響で、滋賀県内では9月3日から12日にかけて所によって1,000mmを超える降水量を観測し、特に7日には彦根市で日降水量が597mmに達する記録的な大雨となった。この影響で、琵琶湖の水位は+3.76mを観測し、湖に接する水田や市街地が広く浸水し、長いところでは半年以上浸水が続いた地域もあった。

 この洪水で、滋賀県では死者・行方不明者34人、損壊・浸水家屋90,000棟以上の大きな被害となった。

参考資料

  • 滋賀県「琵琶湖ハンドブック(明治29年の大洪水)」

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

912

9月に起きた災害一覧

  1. 1日
  2. 3日
  3. 4日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 12日
    • 琵琶湖・明治29年の大洪水(1896年)
  12. 13日
  13. 14日
  14. 15日
  15. 17日
  16. 19日
  17. 21日
  18. 22日
  19. 24日
  20. 25日
  21. 26日
  22. 27日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: