キジア台風

 1950年(昭和25年)9月13日昼過ぎ、キジア台風が鹿児島県大隅半島に上陸、九州を縦断して日本海を北上し、西日本を中心に被害を生じた。

 西日本一帯は9月上旬にジェーン台風により既に大きな被害を受けており、加えてこのキジア台風が通過したため、被害がさらに大きくなった。特に山口、愛媛、大分の各県では期間総雨量350~500mmの大雨に見舞われ、各地で河川の氾濫や土砂災害が多数発生し、山口県岩国市の錦川にかかる錦帯橋が江戸時代の17世紀以降では初めて流失した。

 また、西日本の沿岸部では高潮により広範囲が浸水した。これらの地域は、1946年(昭和21年)12月の南海地震(昭和南海地震)によって地盤沈下の傾向が著しかったことから、高潮の被害がさらに大きくなった。

 この台風で、西日本を中心に死者・行方不明者43人、浸水・損壊家屋120,000棟以上の被害が生じた。

参考資料

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

913

9月に起きた災害一覧

  1. 1日
  2. 3日
  3. 4日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 12日
  12. 13日
  13. 14日
  14. 15日
  15. 16日
  16. 17日
  17. 19日
  18. 21日
  19. 22日
  20. 24日
  21. 25日
  22. 26日
  23. 27日
  24. 29日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: