昭和40年台風23号・秋雨前線・台風24号

揖保川の濁流があふれ民家に流れこむ(宍粟市[旧一宮町]西深付近) 提供:兵庫県CGハザードマップ

【台風23号】
 台風23号は10日8時に高知県安芸市に上陸、10時30分頃には相生市付近に再上陸した後、豊岡市の南を経て日本海に抜けた。兵庫県南部は台風の右半円に入ったため南よりの暴風が吹き、家屋の全壊、屋根瓦の飛散、また沿岸では、波浪、高潮による大きな災害があった。
 兵庫県内の被害状況は、死者20人、負傷者381人、床上浸水4,470戸、床下浸水14,165戸などであった。

【秋雨前線・台風24号】
 台風24号の影響を受けて停滞した秋雨前線の活動が活発化した。また、湿舌が紀伊水道から若狭湾にかけて集中的に侵入し、兵庫県では連日豪雨が降った。台風は17日午後潮岬をかすめて、夜半頃に渥美半島へ上陸した。
 兵庫県内の被害状況は、死者16人、行方不明者1人、負傷者59人、床上浸水9,088戸、床下浸水39,708戸などであった。(兵庫県CGハザードマップ)

この災害の記録写真

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

910

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: