京都府南部豪雨

 2012年(平成24年)8月14日未明から朝にかけて、日本付近に停滞していた前線に向かって湿った空気が流れ込み、近畿地方を中心に記録的な大雨となった。特に京都府では、1時間降水量が宇治市で78.0mmを観測したほか、解析雨量では八幡市付近や城陽市付近で約90mmとなる猛烈な雨を観測した。

 この大雨で、宇治市で河川の増水により住宅が流出して1人が死亡、1人が行方不明になったほか、京都府だけでも住宅3,000棟以上が浸水・損壊した。また、14日は始発から京都・大阪周辺のJR・私鉄各線が軒並み運転を見合わせるなど鉄道のダイヤも大幅に乱れた。

参考資料

  • 京都府「京都府南部豪雨による被害状況等について」
  • 京都地方気象台「平成24年8月14日の京都府南部の大雨について」

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

814

8月に起きた災害一覧

  1. 1日
  2. 2日
  3. 3日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 13日
  12. 14日
  13. 15日
  14. 16日
  15. 18日
  16. 19日
  17. 20日
  18. 21日
  19. 25日
  20. 26日
  21. 27日
  22. 28日
  23. 30日
  24. 31日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: