カメルーン・ニオス湖湖水爆発

 1986年8月21日21時頃(現地時間)、カメルーン北西部にある火口湖のニオス湖で爆発音とともに大量の二酸化炭素が噴出し、谷筋に沿って周辺の集落に流れ込んだ。この噴出で住民1,743人が窒息死し、湖周辺から避難した住民は今なお帰還できない状態が続いている。

 この噴出現象は、地下のマグマだまりから供給される二酸化炭素が火口湖であるニコス湖の湖底にたまり、飽和状態となった際に発生すると考えられており、カメルーンでは別の湖でも同様の現象が発生している。現在は、飽和状態となる前に人工的に二酸化炭素を抜くシステムが湖上に設置されている。

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

821

8月に起きた災害一覧

  1. 1日
  2. 2日
  3. 3日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 13日
  12. 14日
  13. 15日
  14. 16日
  15. 17日
  16. 18日
  17. 19日
  18. 20日
  19. 21日
  20. 23日
  21. 24日
  22. 25日
  23. 26日
  24. 27日
  25. 28日
  26. 30日
  27. 31日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: